「2017年 助成金キャラバン  どこよりも早く対策セミナー実施! @ タスクール」に参加しました。

2017年 助成金キャラバン  どこよりも早く対策セミナー実施! @ タスクール」に参加しました。講師は川端康浩さんと丸山敏昭さんでした。

単に助成金を取りましょう、で終わらずに、助成金をどう活用してビジネスを拡大させていくか、という話もあり、凄く興味深かったです。

助成金とは

助成金とは何か、というと、従業員を新しく雇用したり、従業員に教育したり、といった、雇用維持・増加などの改善をおこなった企業に対して、費用の一部が支給される仕組みです。社会保険労務士の川端さんによると、助成金は、支給される要件を満たしている会社が申請手続きを行った場合、原則として支給されるものだそうです。

ちなみに弊社で対応しているIT導入補助金は、要件を満たしている会社が全て通るわけではないらしいです。(予算の範囲で申請を受理される企業の数が決まる)

ランチェスター戦略

コンビニを例に、説明がされました。セブンイレブンとローソンでは出店戦略が異なります。セブンイレブンはある地域に複数出店していって、その地域のシェアを取る、という作戦らしいです。たしかに、言われてみると、セブンイレブンが一件あると、近くに別のセブンイレブンがあることが多いかもしれません。

コンビニについては、以前、本ブログでもセブン-イレブンの「物流」研究 国内最大の店舗網を結ぶ世界最強ロジスティクスのすべてという本を紹介しましたが、ランチェスター戦略の観点から読み直してみたくなりました。

助成金で従業員教育

助成金はお金が貰える」というのは、確かに企業経営者として嬉しいですが、それだけだと、差別化としては不十分かもしれませんね。というのも、助成金の手続き代行を行っている社会保険労務士は結構いるからです。多くの社会保険労務士の中から誰を選ぶか(選んでもらうか)というときに、助成金の先まで提案が貰えるのは嬉しいですね。

リップルネットの丸山さんによれば、助成金で従業員に研修を受けさせているそうです。そうすることで、

  • ホームページでの情報発信のレクチャーをする
  • 実際に情報を発信してもらう
  • ホームページ経由での引き合いを増やす

という風に、(単に助成金貰えた、で終わらずに)業績も改善した事例があるそうです。

支援する側として

弊社はIT導入補助金の支援側なので、弊社が補助金を受け取るのではなく、補助金を受けたい側のサポート役です。なので今回のお二方の話は、弊社と似た立場からのお話で、すごく貴重でした。

「IT補助金あります」で終わらずに、

  • マイ見積導入 => 見積書作成のミスが減らせます
  • 継続報酬アフィリエイト付きネットショップ導入 => 口コミで売上向上

というふうに、導入後のメリットをもっと出していく必要があるな、と思いました。

カテゴリー
関連するブログ記事
掛金が全額所得控除でお得な確定拠出年金。課税所得額と年金掛金から所得税の節税額を試算できます。
ネットショップ構築ツールEC-CUBEのバージョン3系でのカスタマイズです。EC-CUBE3系では、テンプレートはtwig形式です。(EC-CUBE2系はsmartyでした。) 今回は、フロントエンドのテンプレートをカスタマイズしてみます。EC-CUBEではテンプレートの読み込み順が設定されています。所定の位置にファイルを置くと、そちらが優先して読み込まれます。イメージとしては、WordPressの子テーマみたいな感じです。
フォームによってサーバー側の処理は異なりますが、HTMLの表示に関して言えば、かなり似ています。もちろんスタイルやレイアウトは異なるのですが、「htmlで枠が作られていて、データを入力する」という部分はほとんど一緒です。ここに着目すると、どんなフォームでもmautic連携できるのではないか、と考えました。
​IT導入補助金の対象に、弊社の提供する「マイ見積」が採択されました。弊社では、中小企業の事業者様向けに、申請代行を行います。
レスキューワーク株式会社では、新春お年玉企画として、「concrete5 アドオンのレビューをブログ等に公開した方全員に、アドオンを一個プレゼント」を行います。複数個レビューされた場合は、レビュー一個につき、アドオンを一個プレゼントします。
記事公開日: 2017年03月18日