concrete5名古屋勉強会に参加しました。

concrete5名古屋勉強会(atベースキャンプ名古屋)に参加しました。

バージョン8リリース

ちょうど、新バージョン8がリリースされた直後でした。ver.8では、Express Data Objectが実装されました。従来は、ページに属性を追加していってデータを管理していたケースでも、Express Data Objectを使うとデータ管理はデータ管理、表示は表示、と分けて管理できるようになります。

美容院と美容師が多対多でひも付けされるケース - 美容師がa,b,c ... と何人かいて、美容院もx,y,zとあったとします。美容師a,bは美容院xで勤務、美容師cは美容院yで勤務、といったように決まっていれば、美容院のページを主として、その配下に美容師のページを作るなどすればよいでしょう。

しかし、美容師aは「月曜日は美容院x、火曜日は美容院y」だったりすると、ページの階層で表現するのは難しいですね。そういった場合に、Express Data Objectが役立ちます。いわゆるCMS(コンテンツ管理システム)の本来の機能がしっかり充実した、という感じです。DrupalやNovius OSのデータ管理の仕組みに近いものが、concrete5でも実現できるようになりました。

バージョン8でのアドオンの構想もできたので、来年の早い段階でアドオンリリースできればと考えています。

表を作るアドオン

Infotown Tableというアドオンが公開されています。InfoTownの澤井さんが作成されたアドオンです。

表を作るための専用のブロックです。

表を追加

行数と列数を設定して、表を作成します。表を作成した後でも行・列の追加や削除を行うことができます。

ブロック編集 - 表を作成

表の項目は、「Edit」を押すと編集できます。入力済みの枠は、背景が薄い青色になるので、入力漏れの可能性が減るのが嬉しいですね。

ブロック編集 - 表の項目の編集

HTMLを意識せずに、表を作ることができ、行や列の追加も行いやすいインターフェースになっています。

一方で、cssのclass設定などはGUIで用意されていないので、表のレイアウトにこだわりたい場合は、作業が多くなるかもしれません。

次回からは平日夜に開催するかも

まだ日程は確定していないのですが、平日の夜にconcrete5名古屋勉強会をやろう、という方向で進んでいます。休日だと参加しにくい、という方には朗報かもしれませんね。

カテゴリー
関連するブログ記事
私達のグループには売る側を経験した方はいなかったのですが、他のグループにはうる側を経験した方がいました。そのグループでは、「マネーセミナー」を組み込んだらいいのでは、といったアイデアが出ていました。私は売る側も買う側も体験していないので、詳細はわかりませんが、素人目にはローンについても相談にのってくれる販売店なら嬉しいかなと思いました。 売る側・買う側の双方の立場の人が参加して、カスタマージャーニーマップを作ると、より良いものができるように思いました。
今回は様々な人が参加できるように、ということで、他のCMS(WordPress, concrete5)とDrupalを比較する発表をしてきました。時間の都合により、データベース周りに限定した内容になります。
jetboyサーバーでLet's Encryptを使ってみた
ホームページ上に見積りフォームを作成。条件分岐も可能
弊社のウェブサイトで使用しているconcrete5で、Facebookアカウントでログイン可能にする設定方法