人にやさしい色使いをすすめる会第二回

人にやさしい色使いを考える会第二回が名古屋市中区栄にあるナディアパークで開催されました。

NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の伊賀公一さんの講演と、人にやさしい色使いを考える会の世話人の方によるパネルディスカッションがありました。

色の見え方は、先天的あるいは後天的な特性により、人によって異なります。赤と緑をほぼ同じ色と感じる人もいます。日本人の男性で約5%程度いるらしいです。(※以後、「色弱」の方と呼びます。中立的な用語ではないかもしれませんが、一般に広まっている用語として、この用語を選択しました。)

色弱の人が困っているという自覚がないこともある

もし、「赤と緑を同じ色」と感じるのだったら、日常生活が非常に困るでしょう。しかし、色弱の人にとっては、その状態に慣れているため、本人の意識としては「困っていない」「不便ではない」というケースもあるそうです。

例にあげられていたのは、家電製品などにある、LEDによるインジケータでした。

  • 正常稼動の場合は「緑色」、異常の場合は「赤色」

というようなケースです。赤と緑が一緒だったら、正常か異常か分からなくて困りますね。この場合でも、色弱の方にとって、

  • LEDが点灯していれば電源が入っている

ことが認識できるから便利だ、という意見がありました。もちろん本来想定されている情報伝達機能としては不十分なので、もっと好ましい方法で識別しやすくする必要があると思います。

色弱なのでパイロットになれなかった人

パイロットになりたかったが、色弱だったために検査でひっかかり、合格できなかった人もいるそうです。諦めきれない人で、アメリカでパイロット免許を取得した方もいたそうです。昔の話なので、現在でもそうなのかは分かりませんが。

学校での視覚検査廃止

色覚検査は、昔は小学校などで必須でしたが、現在は義務ではなくなっています。いじめ等につながる可能性もあるので、義務化しない、という選択も十分あると思います。バリアントールの説明書にも、バリアントールを使うことにより色弱であることが分かってしまう危険性が記載されています。ただ、本人や、親など周りの人は、自分が色弱かどうか知っておいたほうが良いように思います。

記事公開日: 2015年04月10日

ブレイクスルー平日交流会総集編~今どうなってる?~に参加... 詳細はこちら

#

弊社が関わっているウェブサービス名古屋セミナーポータルで... 詳細はこちら

#

バタートーストナイト新年スペシャルに参加しました。バター... 詳細はこちら