fullcalendarのインターフェースの日本語訳を作成しました

fullcalendarのインターフェースの日本語訳を作成しました。

fullcalendarは、jQueryプラグインで、イベント情報をカレンダー形式で表示します。

国際化対応

fullcalendarは、デフォルトで国際化対応しています。カレンダー表示させる処理を下記のように記述します。

jQuery('#calendar').fullCalendar({
    ...
    lang: 'ja',
    ...
});

上のコードのうち lang: 'ja', の部分が、言語を設定する部分です。こうすると、「月」「日」などが日本語で表示されます。

訳の追加

国際化自体は対応していたのですが、全部の表記が日本語対応になっているわけではありません。なので、私のほうで訳をいくつか追加しました。

jQuery.fullCalendar.lang("ja", {
    buttonText: {
        month: "月",
        week: "週",
        day: "日",
        list: "予定リスト"
    },
    titleFormat: 'YYYY年 MMMM',
    monthNames: ['1月', '2月', '3月', '4月', '5月', '6月', '7月', '8月', '9月', '10月', '11月', '12月'],
    monthNamesShort: ['1月', '2月', '3月', '4月', '5月', '6月', '7月', '8月', '9月', '10月', '11月', '12月'],
    dayNames: ['日曜日', '月曜日', '火曜日', '水曜日', '木曜日', '金曜日', '土曜日'],
    dayNamesShort: ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'],
    allDayText: "終日",
    eventLimitText: function(n) {
        return "他 " + n + " 件";
    }
});

のように記述しました。変更ファイルはlangフォルダ内のja.jsです。ひとまず自分のところで使う範囲を訳しました。これで全てではないかもしれません。

githubでプルリクエスト

github上にfullcalendarのリポジトリが公開されていました。なので、プルリクエストすることにしました。プルリクエストが受け入れられたら、ja.jsを自分で書き換えなくてもよくなります。

カテゴリー
関連するブログ記事
ホームページ上に見積りフォームを作成。条件分岐も可能
計算式を入力すると、フォームとJavaScriptを生成してくれるブロックを作成しました。 簡易的な計算であれば、このブロックで対応できます。
コーポレートサイトで要求されることの多い、住所補完機能を実現するajaxzip3
テーマ開発中などで、HTMLでa href=""のように、リンクを繋げていない部分を確認する
記事公開日: 2016年04月12日