Gmail メール対策でGoogle WorkSpaceへ移行した

この記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

2024年2月以降、Gmailがスパムメール対策を強化していく、というアナウンスがありました。

このため、弊社のメールを、Google WorkSpaceへ移行することにしました。

SPF, DKIM, DMARCへの対応

メールの正当性検証の仕組みには、SPF, DKIM, DMARC等がありますね。Google WorkSpaceへ移行するとともに、DMARCにも対応させました。管理者ヘルプページに「DMARC を使用してなりすましと迷惑メールを防止する」があるので、このページに従って設定していけばOKです。

Gmailへ送ってみる

SPF, DKIM, DMARCの設定ができているかどうか?は、Gmailに送ってみるのが分かりやすいと思います。Gmailのメール詳細を見てみましょう。

↑のように表示されます。SPF, DKIM, DMARCが全部 PASS になっていれば、設定OKです。

自分で設定するのが大変な方

インターネットの仕組みをある程度知っていないと、SPF, DKIM, DMARC設定は難しいかもしれません。自分で設定するのが大変、という方は、ホームページ制作会社などに相談してみると良いと思われます。

料金は

Business Starterプランですと、1ユーザあたり月816円(年払いなら8,160円)で利用できます。このぐらいの金額であれば、中小企業でも利用しやすいかと思います。

新着ブログ記事
ウェブ集客

クイズ、計算式など、ホームページ訪問者の興味・関心・満足度を高めるコンテンツを提供する仕組み。一度来てくださった方の再訪問率を高める。

濃い見込み客を見つけるホームページ自動見積もりシステム

自動見積計算と見積PDF作成を行うサービスです。濃い見込み客を抽出する仕組みで、御社のホームページを営業マンにします。

否定で終わらないウェブメディア

弊社運営のウェブメディアでは、否定レビューで終わらない仕組みを導入しています。