ホームページの情報は、全て公開されている場合もありますが、会員向け情報ページがある場合もありますね。そのような場合、ページの設定を間違えると、公開すべきでない情報が見えてしまう、という危険があります。

弊社の顧客のウェブサイトでも、ホームページの一部のページを会員限定とする運用はあります。また、求人情報、キャンペーン情報など、一定期間だけ公開するページもあります。

そこで、弊社では、ページが公開されているか?を分かりやすく表示するようにしました。

ツールバーに、公開されているかどうかを表示することで、ページの公開状態を確認しやすくしています。もし設定ミスした場合でも、気づきやすくなります。

concrete5公式サイトで入手できます。Is this Page Public?というアドオンです。

記事公開日: 2018年06月08日

ペライチ+広告にすると、「ページを作る、広告出す、結果を... 詳細はこちら

#

ホームページ上に見積りフォームを作成。条件分岐も可能。Wor... 詳細はこちら

#

HTMLを意識せずに、表を作ることができ、行や列の追加も行い... 詳細はこちら