さくらクラウド

さくらクラウドは、さくらインターネット株式会社が提供しているサービスです。さくらインターネット株式会社は、WordCampにもスポンサーしているので、WordPressユーザーには馴染みがあるホスティング業者だと思います。共有サーバーや占有サーバー、VPS等も提供していますが、今回はクラウドを使うことにします。

インストール

基本的な手順はKUSANAGI for さくらのクラウドと同じです。仮想マシンにインストールするディスクイメージの選択画面が変更になっているようなので、その部分のみスクリーンショットを追加しました。

new-server.png

image-select.png

ログインしてみる

インストールが完了したら、ログインしてみます。さくらのクラウドの場合は、サーバーのコンパネにコンソールがあるので、そちらを使ってみました。下のように、アスキーアートで KUSANAGI と表示されればOKです。

install-finish.png

KUSANAGIの初期設定

KUSANAGIでは、kusanagiコマンドを使って、様々な設定を行います。SoftLayerとKUSANAGIで高速WordPressサイトで触れたので、今回はパスします。

ベンチマークを取る

インストールができたので、abコマンド(apache bench)で性能を計測してみました。

ab -n 1000 -c 100 http://サーバのアドレス/

と入力します。-n の後ろは「合計のリクエスト数」、-c の後ろは「同時に実行するリクエスト数」を指定します。上の例の場合は、同時に100ユーザーが閲覧して、合計1000アクセス、という状況になります。

ab1.png

ab2.png

PHP7対応かどうかをチェックする

PHP7のリリースが近づいています。PHP7対応かどうか、を調べるツールとして、PHP7 Compatibility Checker(php7cc)が公開されています。こちらを使って、KUSANAGIでWordPressインストール直後の状態を確認してみました。

php7cc は、コンポーザーでもインストールできますが、今回は手軽に使えるpharを使いました。php7cc releaseページより、pharファイルをダウンロードします。ダウンロードしたディレクトリで、

./php7cc.phar 検査対象ディレクトリ

と入力すれば、検査が始まります。

./php7cc.phar kusanagi_html/DocumentRoot/wp-content/

とすれば、wp-content内をチェックすることができます。

PHP7に対応しているのかどうか

実際に実行してみたところ、下のようになりました。

./php7cc.phar kusanagi_html/DocumentRoot/wp-content/       
File: /home/kusanagi/kusanagi_html/DocumentRoot/wp-content/themes/twentythirteen/functions.php
> Line 423: Possible internal array pointer access/modification in a by-value foreach loop
    current($attachment_ids);
File: /home/kusanagi/kusanagi_html/DocumentRoot/wp-content/themes/twentyfourteen/functions.php
> Line 321: Possible internal array pointer access/modification in a by-value foreach loop
    current($attachment_ids);
File: /home/kusanagi/kusanagi_html/DocumentRoot/wp-content/advanced-cache.php
> Line 120: Removed function "mysql_connect" called
    mysql_connect($dbset['host'], $dbset['user'], $dbset['pass'], true);
> Line 128: Removed function "mysql_set_charset" called
    mysql_set_charset(DB_CHARSET, $dbh);
> Line 131: Removed function "mysql_query" called
    mysql_query($sql, $dbh);
> Line 133: Removed function "mysql_select_db" called
    mysql_select_db($dbset['name'], $dbh);
> Line 141: Removed function "mysql_query" called
    mysql_query($sql);
> Line 144: Removed function "mysql_fetch_object" called
    mysql_fetch_object($ret);
> Line 155: Removed function "mysql_query" called
    mysql_query($sql);
> Line 181: Removed function "mysql_close" called
    mysql_close($dbh);

php7cc-warning.png


どうやらtwentythirteenテーマはPHP7対応ではないようです。

また、KUSANAGIのキャッシュプラグインが生成するadvanced-cache.phpも、PHP7対応ではないようです。

記事公開日: 2015年11月10日

WordPressの標準機能を使って、管理画面を作成するプラグイン... 詳細はこちら

今回は、ユーザー数の多いWordPressをベースに、WooCommerce... 詳細はこちら

#

WordCamp Kyoto は愛知県から日帰り参加も可能。私がキンドル... 詳細はこちら