インターネット上のフリマサイト「メルカリ」では、不用品などを手軽に売買できます。少しでも家計の足しになれば嬉しいですね。
ここで注意しないといけないのは、不用品を発送するときの送料です。送料を調べておかないと、売れたけど送料を払ったら赤字、という笑えない結果になることもあります。

メルカリで不用品を売ったんだ。売れたけど、送料のほうが高くついちゃったな。
送料も考えて、価格設定しないといけないね。

この記事では、メルカリ初心者が気になる疑問、

  • 送料ってどのくらい?
  • 出品者が送料を負担するの?
  • 送料に手数料はかかる?
  • 結局、費用はいくら?

にお答えします。

送料はいくらかかるの?

メルカリではらくらくメルカリ便が便利です。らくらくメルカリ便は以下のような料金になっています。(税込・2019年12月時点)

  • ネコポス 195円
  • 宅急便コンパクト 380円
  • 宅急便
    • 60サイズ 700円
    • 80サイズ 800円
    • 100サイズ 1,000円
    • 120サイズ 1,100円
    • 140サイズ 1,300円
    • 160サイズ 1,600円

もちろん、普通郵便や書留、ゆうパックなどで送るのも可能です。

送料は出品者が負担するの?

メルカリでは、送料の負担方法は、出品者負担にするか、購入者負担にするか、を出品者が選択できます。出品者負担としている出品者が多いようです。

送料に手数料がかかるの?

メルカリでは、購入者から受け取った金額をもとに手数料(システム利用料)が計算されます。このため送料を出品者負担にした場合は、送料にも手数料がかかります。

結局、費用はいくら?

送料や梱包費に、メルカリの手数料を加算した額が費用となります。下の計算機をご利用ください。

送料+梱包費+手数料は、円です。
手数料は、円です。

記事公開日: 2019年12月08日
#

ホームページに対話型のコンテンツを掲載できる吹き出し機能(... 詳細はこちら

#

弊社が関わっているウェブサービス名古屋セミナーポータルで... 詳細はこちら