Misoca「10万事業者獲得のノウハウを公開するセミナー」に参加しました。

クラウド請求管理サービスMisocaを開発しているMisoca株式会社(名古屋市中村区)を訪問して、セミナーに参加しました。

ユーザーを集める

ウェブサービスを作る前に、ユーザーになりそうな方にアンケートを取ったそうです。課題を知ることができたり、ローンチ時にファンになってくれたり、といったメリットがあるそうです。ウェブサービスはスタートしやすいので、まずウェブサービスを作る=>ユーザーを集める、とやりがちですが、この方式のほうがうまくいきそうです。

プレスリリースを積極的に使う、という話もありました。こちらもかなり初期から行っていたそうです。掲載されたメディアのバナーリンクを自社サイトにのせる、というのは良さそうですね。

導入事例を掲載していったそうです。イノベーターではなくアーリーアダプター層へのアプローチとして良い、とのこと。関心したのは、導入事例に掲載させてもらうために独自機能を追加提供するなど、掲載される側にもメリットのあるやり方をとっていたことです。これはやる価値が大きそうです。

一番興味深かったのは、「エクセルのテンプレート配布」でしょうか。「Misocaを使ってもらう」ことばかり考えていると出てこない考えですが、ユーザーが欲しがっている、という観点からは凄く嬉しいですね。

マーケティング施策

Misocaで行ったマーケティング施策が紹介されました。SEO対策がかなり有効だったらしいです。(セミナーではアフィリエイトやリスティング広告について、効果はイマイチだったが、さほど注力しなかった、というのもあるかもしれないそうです。)

期限をきちんと決めて行う、というのが大事らしいです。SEO対策は期限を定めるのは難しそうですが、Misocaでは半年ぐらいのスパンを考えて施策を実行する、という話でした。

ブログ記事コンテストも効果があったらしいです。ただし募集するテーマにもよるそうです。一回失敗してもめげない、というのも大事かもしれません。

ABテストを行うのも大事らしいです。「新規登録」=>「無料で試してみる」で登録が10%アップする、などです。この辺は実際にABテストを行えば一目瞭然ですね。optimizelyというサービスを使っているらしいです。以前、私はCMSのアドオンでABテスト機能を作ったことがあるのですが、ABテスト用のサービスを使うのも良いかもしれませんね。私のアドオンだと、単純にクリック率を記録しておく、というものでしたが、最終ゴールはクリックした先での行動だったりします。ABテスト用のサービスを使うほうが、コンバージョンの場所を柔軟に決めたりできそうです。

API連携できるかも?

MisocaのAPI機能を充実させる、というのも考えておられるようです。ウェブサイトのフォームで見積もり=>Misocaに投げる=>PDFを返す、という方式で、連携できると嬉しいですね。

ポケスポット

Misoca株式会社内からポケスポットにアクセスできますが、セミナー中はポケモン狩り禁止でした。ちなみに、弊社からは、ポケスポット「八事八つの坂の街」と「ガラスの壁」にアクセスできます。またジム「天道山大門」にもアクセスできます。天道山大門ジムは、頻繁に所属が変わる激戦の場所ですので、どのチームに属していても楽しめるスポットです。

カテゴリー
関連するブログ記事
掛金が全額所得控除でお得な確定拠出年金。課税所得額と年金掛金から所得税の節税額を試算できます。
講師は川端康浩さんと丸山敏昭さんでした。 単に助成金を取りましょう、で終わらずに、助成金をどう活用してビジネスを拡大させていくか、という話もあり、凄く興味深かったです。
ネットショップ構築ツールEC-CUBEのバージョン3系でのカスタマイズです。EC-CUBE3系では、テンプレートはtwig形式です。(EC-CUBE2系はsmartyでした。) 今回は、フロントエンドのテンプレートをカスタマイズしてみます。EC-CUBEではテンプレートの読み込み順が設定されています。所定の位置にファイルを置くと、そちらが優先して読み込まれます。イメージとしては、WordPressの子テーマみたいな感じです。
フォームによってサーバー側の処理は異なりますが、HTMLの表示に関して言えば、かなり似ています。もちろんスタイルやレイアウトは異なるのですが、「htmlで枠が作られていて、データを入力する」という部分はほとんど一緒です。ここに着目すると、どんなフォームでもmautic連携できるのではないか、と考えました。
​IT導入補助金の対象に、弊社の提供する「マイ見積」が採択されました。弊社では、中小企業の事業者様向けに、申請代行を行います。
記事公開日: 2016年08月04日