名古屋商工会議所ビジネス交流会に参加しました

名古屋商工会議所ビジネス交流会に参加しました。(名古屋市中区。伏見駅より南へ徒歩7分程度)

名古屋商工会議所ビジネス交流会とは

名古屋商工会議所の会員の方同士が交流するための場です。年に3回ぐらい、名古屋商工会議所で開催されています。弊社も年に1回ぐらいの頻度で参加しています。

今回は、2月10日(金)に、「中小企業を変えるITサービス~次世代をつくるテクノロジー/働き方改革~」というテーマで開催されました。

3分間自社PR

テーマに関連する事業を行っている会社・個人事業主の方は、3分間自社PRを行うことができます。今回のテーマには、弊社の見積書作成機能付きホームページ「マイ見積」が、特にBtoBの会社にマッチするということで、プレゼンの機会をいただきました。

顧客を待たせない見積書作成 マイ見積 from Fumito Mizuno

交流の時間

自社PRの後は、交流タイムとなっています。弊社ブースでは、実際にマイ見積のデモ展示を行いました。PR時間が3分と短かったのですが、何社かに興味を持っていただき、実際に試してもらえたので良かったです。

IT導入補助金

ITツールを導入すると、費用の最大2/3が補助される制度です。経済産業省が行っています。弊社のマイ見積も、補助対象のITツールとして認定されています。交流タイムにお話すると、「知らなかった」という方もいらっしゃいました。もちろん、補助金のために何かする、というのは良く無いですが、世の中には便利なITツールがたくさんあるので、導入するきっかけとしては良いと思います。

愛知県の事業者様であれば、弊社が直接マイ見積を導入することができます。岐阜県、三重県など愛知県外の方は、お近くのIT導入支援事業者にお問い合わせください。

カテゴリー
関連するブログ記事
漢字を間違えてしまう(例: 幹事を間違えてしまう)、文字を抜かしてしまう(例: 文字を抜かししまう)、といったミスを、原稿を書いているときにしたことはありませんか?そういった文だと、読みにくくなりますね。読む人からすると、こういったミスが多いと、読みにくく感じることが多いです。 弊社では、​ホームページ上で校正チェックするようにしました。こうすることで、漢字変換ミスなどの単純なミスを事前にチェックしやすくなりました。もちろん必ずゼロにできる、というものではないですが、効率よく確認できます。
初版では多くの方にご購入いただきました。当方の想定としては、ウェブデザイナーが読む、でしたが、ブロガー・アフィリエイターの方にも読んでいただけたようで、大変嬉しく思います。一方で、想定読者ではない方にとっては期待外れに思われた方もいるようで、申し訳なく思います。そこで、今回は、買うべきではない人、について書きたいと思います。
オリジナルデザインを持ちたい人や、既にオリジナルデザインのウェブサイトを持っている人で、お知らせやブログは自分で更新したい、という方にお勧めなのがPulse CMSです。今回は、Pulse CMSだけでしたが、ペライチやWordPressと比較してみると面白いかもしれません。
ペライチ+広告にすると、「ページを作る、広告出す、結果を見る、ページを変更する」といったサイクルが回しやすいですから、売上を伸ばしたい人にはかなり向いているように思います。
ネットショップ構築ツールEC-CUBEのバージョン3系でのカスタマイズです。EC-CUBE3系では、テンプレートはtwig形式です。(EC-CUBE2系はsmartyでした。) 今回は、フロントエンドのテンプレートをカスタマイズしてみます。EC-CUBEではテンプレートの読み込み順が設定されています。所定の位置にファイルを置くと、そちらが優先して読み込まれます。イメージとしては、WordPressの子テーマみたいな感じです。
記事公開日: 2017年02月13日