名古屋ペライチ祭りに参加しました。

名古屋ペライチ祭りに参加しました。

ペライチとは

ペライチとは、株式会社ホットスタートアップが提供しているウェブサービスで、ランディングページを作成して公開できるものです。私も試しに、フリーランスの方に最適な見積フォーム「マイ見積」というページを作ってみました。

通常のウェブサイトよりも、ターゲットを絞り込んで想定するターゲット向けに情報を並べていきやすいですね。facebook広告などのターゲットを絞り込める広告と一緒に活用すると良さそうです。テンプレートが用意されているので、テンプレートに当てはめていけばよい、というのもスピーディに作成できて良いですね。

ペライチ+広告にすると、「ページを作る、広告出す、結果を見る、ページを変更する」といったサイクルが回しやすいですから、売上を伸ばしたい人にはかなり向いているように思います。

似たようなページを作りたい場合

似たようなページを作りたい場合もあるかもしれません。その場合に、ペライチではページ複製ボタンがあるので、比較的作業しやすいと思います。

ページ数が100を超えるくらいになると、WordPress等を使ったほうが管理しやすいですが、簡易的に数ページであれば、ペライチでよいように思います。(先日のセミナーでは、ホットスタートアップ山下さんは、ペライチがやりやすいような発言でしたが、フォーマットが似たページの量産はWordPressのほうが優秀だと思います。)

※似たようなページを作りたい場合はどんな場合か?については、詳しく知りたいかたは、はちえん坂田氏のセミナーにご参加ください。

チュートリアルの意義

先日のセミナーでは触れられていませんでしたが、ペライチはチュートリアルが充実しています。別の記事で触れたので参照ください。

チュートリアルの点では、WordPressよりもペライチが充実しているように思います。「WordPressで大量ページ生産が難しい」といった印象を持つ人がいるとしたら、「WordPressのチュートリアル・ドキュメントなどが分かりにくく感じられる」が原因の一つかもしれません。

このあたりは、弊社サービス「マイ見積」を普及させていくにあたり、ホットスタートアップがお手本になりそうです。

スマホからの編集が難しい

現時点(2017年2月)では、ペライチはスマホからの編集が難しいらしいです。

ためしにペライチ編集画面をスマホサイズで表示してみたら、下のようになりました。


現状は上のようになりますが、話によると、スマホから編集しやすくなるように準備しているらしいです。利用者としては待つ、という選択になりますね。ここら辺は、(あくまで推測ですが)ホットスタートアップ一社で開発しているので、致し方ないかな、という部分です。何社かで開発していて、開発に参加できるプログラムであれば、「自社でスマホ投稿しやすいようにカスタマイズする」が可能なので、エンジニア視点でみると、もどかしい部分もありますけど。

IT導入補助金

IT導入補助金で、ペライチを導入できるパッケージが準備中らしいです。弊社ではペライチを登録していないので、弊社ですぐは受けられないですが、興味のある方はタスクールに問い合わせてみると良いかもしれません。

弊社では、「マイ見積」「マーケティングオートメーション」「ネットショップ(継続アフィリエイト)」をIT導入補助金に登録しています。

記事公開日: 2017年02月23日
#

弊社で無償公開しているconcrete5アドオンRescuework's ... 詳細はこちら

アフィリエイト仲介業者によって、どのジャンルが強い、とい... 詳細はこちら

#

初版では多くの方にご購入いただきました。当方の想定として... 詳細はこちら