弊社では、決済サービスとしてPayPalとStripe決済を使用しています。

PayPalは、マイ見積で使用しています。Stripeはブックレコメンドで使用しています。

実際に使って、評価してみました。

ウェブサイトとの連携

どちらの決済サービスも、APIが用意されており、自社ウェブサイトと連携しやすくなっています。定期課金もAPI対応しています。なので、この点については、どちらを選んでも大きな差は無いと思います。

決済手数料

PayPalは、月間取引額により異なりますが、月30万以下の場合、決済金額の3.6%+40円かかります。詳細はPayPal決済手数料計算をごらんください。
Stripeは、決済金額の3.6%かかります。

Stripeのほうが少し安くなります。

支払いサイト

PayPalは銀行口座へ送金を依頼すると1~2営業日ぐらいで支払われます。ただし50,000円未満の金額を銀行口座に移す場合は250円かかります。
Stripeは、週ごとに入金されます。手数料は無料です。
扱う金額が少ないうちは、手数料を気にしなくてよいStripeのほうが良いように思います。金額が大きければ、自分の好きなタイミングで送金できるPayPalのほうが便利です。

JCBカードは使えるか

PayPal、Stripeともに利用可能です。
弊社の場合は、StripeでJCBカード決済するためには審査があり、1か月ほどかかりました。(PayPalは即時利用可になりました。)

銀行口座から支払えるか

PayPalは銀行口座から支払いが可能です。
Stripeは、2020年10月時点では銀行口座から支払いに対応していません。

結局、どちらが良いのかな?

弊社で使った範囲では、PayPalもStripeもどちらも遜色なく利用できました。あえて決めるなら、

  • 支払い方法の多さ → PayPal。JCB、銀行口座払いに対応しているため
  • 手数料の安さ → Stripe。

といった違いになると思われます。

記事公開日: 2020年10月19日
#

弊社で無償公開しているconcrete5アドオンRescuework's ... 詳細はこちら

#

弊社では、アフィリエイト(提携)を利用してウェブマーケティ... 詳細はこちら