PHP7を導入しました。

導入した理由

PHP5系のサポート期限が近づいた、というのが一番の理由です。PHP5.6系は、2016年末でアクティブサポートが終了、2018年末でセキュリティサポート終了となっています。サーバー会社やOS提供会社がパッチを当てている場合、自分でメンテナンスを継続する場合、など特殊な場合は別にすると、遅くとも2018年内にPHP7へ移行が必要となります。Scalaへ移植、とかいう選択もあるかもしれませんが。

サーバーの移転

PHP7導入に伴い、サーバーを移転しました。これは必須ではなかったのですが、PHP7導入に伴い、サーバー会社のサービスを調べていて、別のサーバー会社が良さそうかな、ということで移転を決断しました。移転したサーバーは、JETBOYレンタルサーバーです。

PHP7への移行のためにやること

今回は、サーバー移転を伴うため、以下の手順を行います。

  1. サーバーを移転する。移転先のサーバーのPHPは5.6系にする
  2. 移転先のサーバーで動作を確認する
  3. PHP7にしてみる

この3ステップが必要になります。もし、1と2を省いた場合、うまく行けば良いのですが、もしうまく行かなかった場合に、原因究明が大変になってしまいます。

PHP5とPHP7

パフォーマンス面では、改善が見られたようです。

上がPHP5、下がPHP7になります。

First Byte Timeの箇所が、D => Aと、改善していました。CMSを使う条件であれば、かなり良い成績なのではないかな、と思います。

ちなみに、他のCMSだと、WordPressは

Novius OSは

となりました。concrete5は遅いと言われますが、PHP7にするとだいぶマシになるようです。

アプリケーションは対応しているか

PHP7にしても、使っているアプリケーションが対応していなければ駄目ですから、あらかじめ確認しておかなければなりません。concrete5の場合は、バージョン5.7.5.2以降でPHP7対応しているようです。古いバージョンを使っている場合は、まずconcrete5自体のアップデートを行ってください。

EC-CUBEの場合は、最新版であればPHP7対応しています。

記事公開日: 2016年08月29日
#

ホームページ上に見積りフォームを作成。条件分岐も可能。Wor... 詳細はこちら

#

ホームページ作成ソフトconcrete5のネットショップでは、クー... 詳細はこちら

ホームページ作成・運用ソフト concrete5 は、追加機能として... 詳細はこちら