ネットショップの機能紹介編、今回は価格設定です。concrete5のネットショップでは、1つの商品に価格設定をつけることができます。

価格

1つの商品に、1つの価格、というケースは良くありますね。この場合は、単純に価格を指定してあげればよいです。しかし、全ての商品がそうとは限りません。

例えば、Tシャツだと、サイズによって値段が変わるケースはあります。そのときに、Tシャツ(Sサイズ)、Tシャツ(Mサイズ)、Tシャツ(Lサイズ)という商品を作るより、商品としてはTシャツ、バリエーションとして、Sサイズ・Mサイズ・Lサイズ、のほうが管理しやすいケースも考えられます。そのような場合は、価格の種別を変更するから、バリエーションごとの価格設定ができます。

価格の種別設定種別ごとの価格

上のサンプルでは、オプションとしてサイズが選べる設定にしています。こうすると、

  • 商品を選ぶ
  • 選んだ商品でオプションを選ぶ
  • オプションに応じた料金

となります。

Tシャツのサイズ・色

商品詳細画面では、サイズ・色を選ぶと、料金が変わります。

記事公開日: 2018年05月10日

今回は、ユーザー数の多いWordPressをベースに、WooCommerce... 詳細はこちら

#

ホームページ作成ソフトconcrete5のネットショップでは、クー... 詳細はこちら

#

インターネット上のフリマサイト、メルカリを使うと、手軽に... 詳細はこちら