Road to WordCamp 名古屋から京都大学への交通手段まとめ

WordCamp Kyoto 2017は、6月24日6月25日に、京都大学(京都市左京区)で開催されます。名古屋からはおそらく最も近距離のWordCampですので、名古屋から参加する場合の交通手段をまとめてみました。名古屋近辺で WordPress に興味のある方は、WordCamp Kyoto 2017に参加してみると、知識が増えるだけでなく、交流の輪も広がるので良いとおもいます。

新幹線

のぞみなら40分、こだまでも1時間程度です。運賃は高いですが、時間や快適性を買うと思えば有力な選択肢です。JR東海ツアーズのぷらっとこだま(要事前予約、乗車変更不可)なら多少安くなります。

JR在来線

名古屋-大垣-米原-京都と東海道線の普通や新快速等を乗り継ぐ方法です。最短で2時間と少しですが、乗り換え待ちがあると3時間かかることもあります。なお距離的には関西線(亀山駅経由)のほうが近いのですが、時間は東海道線が有利です。一部を新幹線で行く(例えば名古屋-米原間を新幹線、米原からは新快速)、という方法もあります。

京都駅から京都大学へは

  • 地下鉄烏丸線で今出川駅(約15分)=>市バス(201系統、203系統など)で約10分
  • 市バスに乗る(17系統、206系統など)で約30分
  • JR奈良線で東福寺(約2分)=>京阪電鉄乗り換えで出町柳駅(約15分)=>出町柳駅から京都大学まで徒歩15分

などがありますが、目的地が京都大学なので、

  • 山科駅(京都駅より1つ東)=>地下鉄東西線で東山駅(約10分)=>市バス(201系統、203系統、206系統など)で約10分

という行きかたもあります。名古屋・米原などから在来線で京都大学へ行く場合はこの方法も有力です。

近鉄

いちおう移動はできますが、JR在来線よりも時間がかかります。どうしても近鉄で行く場合は、週末フリーパスを利用していくとよいでしょう。

京都大学まで行くには、

  • 京都駅まで近鉄で行く
  • 丹波橋駅で京阪電鉄に乗り換える

という選択があります。

高速バス

名神ハイウェイバスがあります。京都側の到着地としては、

  • 京都駅八条口で下車して市バスに乗る
  • 京都深草で下車して京阪電鉄藤森駅から京阪電車に乗る

という選択があります。

自家用車

名神高速で移動することができます。三重県に近い場合は東名阪自動車道・新名神高速、という行きかたもあります。人数が多ければ割安(高速料金は車一台分)になります。ただし京都市内は渋滞しやすい点に注意が必要です。

周辺ホテル

京都大学近辺のホテルは少ないですが、以下のようなものがあります。

  • お宿いしちょうJR東海道線京都駅から車で15分。京阪神宮丸太町駅から徒歩5分。
  • 石長松菊園JR東海道線京都駅から車で15分。京阪神宮丸太町駅から徒歩で5分。
  • 聖護院御殿荘京都駅より車で15分、京阪神宮丸太町より徒歩7分
  • 旅館丸家京都駅(D2乗場)より市バス206系統熊野神社前下車。徒歩3分。(京都教育文化センター東側)
  • 京都トラベラーズ・イン地下鉄東西線東山駅徒歩7分。市バスでは京都駅より5番・57番・100番で京都会館美術館前下車徒歩1分
カテゴリー
関連するブログ記事
WordPress プラグイン「Shortcode for My Mitsu Estimation Form」を公開しました。新規登録したWordPressプラグインとしては4年振りぐらいです。自動見積計算&見積書PDF発行サービス「マイ見積」と連携するプラグインです。
デザイナー、マークアップエンジニア、ブロガー、アフィリエイターの方で、WordPressを使いこなしたい、という方もいらっしゃいます。そのような方向けに、PHPプログラミングの基礎から丁寧に解説した書籍になっています。
「本当は怖いWordPress」をキンドルで出版しました。2013年からのブログ記事をまとめたものです。
PHP技術者認定試験の初級~上級認定者が投票して認定するPHPウィザード。ベテランエンジニアだけでなく、これからキャリアを築いていく新米エンジニアも投票
WordPress4.5のリリースノートでは、コードでの貢献の他、リリース前の動作テスト、日本語訳の作成、フォーラムでの回答、公式ドキュメントの編集、に関わった人のアカウント名が紹介されています。コードへの貢献は全世界共通ですが、日本語版リリースリーダー、翻訳、WP Multibyte Patchの動作テスト、日本語フォーラム、Codex日本語版に関わった方をリストアップしています。​ リリースノートにはありませんが、各地でWordPressの勉強会を開催・運営されている方もいらっしゃいます。このような方々、そしてWordPressを使っていらっしゃる皆様のおかげで、現在のWordPressがあります。 この他にも「こんな活動をした」というケースがある場合は、​​WordPress日本語版作成チームのメーリングリストなどにお知らせいただければと思います。 日本語フォーラムの回答者の集計は、私が提案して、WordPressのメジャーリリース毎に集計を行っています。