見積書作成システム「マイ見積」無料体験会を開催しました。

マイ見積無料体験会(会場: 名古屋市千種区のコワーキングスペースタスクール)を開催しました。

実際の画面で体験

体験会でしたので、マイ見積の説明を少しした後、参加者に実際にマイ見積の画面を見せて、体験してもらいました。チラシやホームページでの説明を読むよりも、実際に画面で体験してもらうほうが、どんなものなのか、というのが分かりやすいと思われます。

スライド資料も用意したのですが、実際に画面を見る機会を提供する、というのがやはり大事だな、と思いました。

顧客が見積書を自分で作る「マイ見積」 from Fumito Mizuno

現在、マイ見積で実際に見積書を作る動画を作成していますので、今後はウェブ上でも、より分かりやすくなると思います。

見えてきた課題

メッセナゴヤでの展示と今回の体験会とで見えてきた課題として、

「顧客が見積書を作る」

という部分がピンとこないケースが多かったように思います。確かに、見積は受注側が作る、というのが通常ですから、そこが常識外れなのは間違いないと思われます。顧客が見積書を作ることで、「顧客は料金がすぐに分かる・待たなくて良い」というメリットが生じます。そこがマイ見積にとって重要なのですが、この辺を上手く説明できるようにしなければならないな、と思いました。

次回も開催したい

日程はまだ未定ですが、来年の2月か3月頃に、マイ見積無料体験会を実施したいと考えています。

カテゴリー
関連するブログ記事
掛金が全額所得控除でお得な確定拠出年金。課税所得額と年金掛金から所得税の節税額を試算できます。
講師は川端康浩さんと丸山敏昭さんでした。 単に助成金を取りましょう、で終わらずに、助成金をどう活用してビジネスを拡大させていくか、という話もあり、凄く興味深かったです。
スマホでスタンプラリーが作れるサービス。心臓マッサージの練習ができるウェアラブルデバイス。元町のココシカでベーグル。
ポケスポットが近くにあるお店では、来店者が増えた、というところもあるようです。 ただ、人が増えれば、即、売上が増えるわけではありません。ポケ割、というのも確かに一つのアイデアですね。あとは、版権の問題が出てくるかもしれませんが、ポケモン関連商品を開発するのも良いかもしれません。パン屋であれば、ピカチュウの顔を描いたパン、みたいな感じです。
「中小企業にとって大事なこと」 ここは凄く気になっていました。私が考えていることとかなり近かったです。口コミで広がる仕組みを作ったのも、この理由からです。また会社でシステム構築だけでなく、食品紹介・レシピ紹介なども行っていくのもこの理由です。 中小企業にとってはウェブマーケティングはあくまで手段ですから、SNSに一生懸命になって、本来の業務がおろそかになっては良く無いですから。
記事公開日: 2016年12月16日