あしたの履歴書リリースイベントに参加しました。

あしたの履歴書(高橋恭介、田中道昭著)リリースイベントに参加しました。会場は東京都千代田区にある帝国ホテル孔雀の間でした。

自分自身の昨日、今日、明日

あしたの履歴書は、自分の進む道を決め、実行するためのガイド本です。そのためには、現在、どんな仕事をしているか(学生なら、どんな勉強をしているか)が大事ですし、過去にどんな経験をしたか(成功体験だけでなく失敗があったら何を学んだか、どうやってリカバリーしたのか)を振り返ることも大事です。

イベントでは、あしたのチームアンバサダーの小泉孝太郎さんが、自分の過去を振り返って、悩んでいたときの話、父(小泉純一郎さん、当時は首相だったそうです)からもらった言葉、などを話してくれました。

イメージの大切さ

書籍では、イメージすることが大事だ、ということが記載されています。イメージできない目標は達成しない、といった記述もありました。

イベントでは、文章を普通に読み上げる場合、イメージを持って読み上げる場合とで、どう変わるか、を実際に体験しました。これがアイスブレイクとしても上手く機能していた感じがします。

クラウド人事評価システム

著者の一人、高橋恭介さんは、株式会社あしたのチームの社長で、人事評価システムを提供しているそうです。そこでの人事評価の経験・ノウハウも、この書籍に詰まっています。

うちの規模だと、人事評価システム入れるのはキツイかな、と思ったのですが、(今後の事業拡大を見据えて)社員1名でも利用しているケースもあるらしいです。

評価は4段階

評価は4段階でつける、というものがありました。5段階評価だと、どうしても3(真ん中)を付けてしまいがちです。一方で、4段階であれば、とても良い、良い、悪い、とても悪い、のようになります。方向として良いなのか悪いなのか、ということをきちんと評価上で数字で表せるわけですね。

この方式はすぐ導入できそうですね。人事評価に限らず、ほとんどの仕事で使えそうです。PDCAのチェックのときに4段階にすれば良さそうです。

帝国ホテルのローストビーフ

シェフが切り分けるローストビーフローストビーフ

セミナー後の交流会では、帝国ホテルのビュッフェサービスが提供されました。写真はローストビーフです。この他にも何種類か料理がありましたし、ケーキも美味しかったです。

記事公開日: 2017年12月03日
#

スマホでスタンプラリーが作れるサービス。心臓マッサージの... 詳細はこちら

考えるためのノートを、実際に皆で作っていく、というのが非... 詳細はこちら