WordCamp(ワードキャンプ)は、WordPress、ホームページ制作、ブログ運営などに関わる人が自主的に運営している会で、また効率よく情報収集できるセッションがあります。

なぜWordCampに参加するのか?

私個人は、「情報収集が効率よくできる」ですね。今回は昼からのみ参加でしたが、

  • Google 検索最新情報 2020
  • 現役アフィリエイターが教える、現場で使えるWebマーケティング
  • The Future of WordPress

というセッションを聞いてきました。

「Google 検索最新情報 2020」では、no followタグについて、サーチコンソールについて、などを知ることができました。「現役アフィリエイターが教える、現場で使えるWebマーケティング」では、キーワード選定方法について知ることができました。「The Future of WordPress」では、WordPressの開発への参加について知ることができました。

情報収集を効率よく行える、とは

セッションで話される内容ですが、ほとんどは「自分で調べれば得られる情報」です。グーグルの公式ブログを読む、キーワード選定ツールのマニュアルを読む、WordPressの開発ブログを読む、などすれば、セッションを聞かなくても情報にたどり着くことはできたと思います。

とはいえ、適切な情報源を探してきて読む、というのは簡単ではないように思います。もし、「公式サイトの情報」のみを検索するサービス、というのが大分楽になりそうですが。
WordCampに参加することで、情報源を自分で探す手間を省くことができます。

WordCampは様々な地域で開催される

WordCampは世界中で開催されています。日本に限っても、2019年は、羽田、新潟、東京、大阪、で開催されました。お住まいの地域によっては、近隣での開催がなくて交通費が嵩むかもしれませんが、参加してみるといろいろな発見があると思います。

ブログを書くまでがWordCamp

セッションを聞いて、学んだ気になって満足してしまっていませんか?インプットしたら、アウトプットしてみましょう。私もいくつか記事を書きました。

サーチコンソールについて書いてみた記事

マーケティングのセッションを聞いて書いてみた記事

WordPressのコア貢献した話

記事公開日: 2019年12月09日

WordPress 高速実行環境 KUSANAGI をさくらクラウドにインス... 詳細はこちら

WordFes Nagoya 2015。WordCamp と同等のガイドラインが守ら... 詳細はこちら