WordCamp Kyoto 開催記念! WordPress 関連の電子書籍を無料配布します

WordCamp Kyoto 2017が6月24日25日に開催されます。京都での開催は8年振りになります。愛知県から日帰りでの参加も十分可能です。(交通手段についてはこちら)

WordCamp Kyoto開催を記念して、私が執筆してアマゾンキンドルで公開している電子書籍のうち一部を無料で配布します。

対象書籍

アマゾンキンドルで販売している電子書籍のうち、下記の2つを無料配布します。

他にもキンドルで販売している電子書籍はあります。しかし、無料キャンペーンが可能なのは、「アマゾンキンドルのみで販売している電子書籍」に限られるようなので、この2つになります。

また、WordPressショートコードの作成方法については、まだ発売前なので今回は対象外です。

キャンペーン期間

6月9日より、6月13日までです。アマゾンから公式発表はされていないようですが、日本時間で6月9日午後4時~5時ごろに開始、6月14日午後4時~5時ごろに終了、となると思いますが、確実なことは分かりません。

kindle unlimitedに登録されている方は、キャンペーン期間外でも、追加料金無しでお読みいただけます。

※注意※WordPressはバージョン4.8が6月中にリリースされる予定です。電子書籍の執筆時点の内容が、現在そのまま適用できない部分もあるかもしれません。あらかじめご了承ください。

記事公開日: 2017年06月08日
カテゴリー
関連するブログ記事
第二版では、大きなセクションとして「get_postsを使ってメインクエリ以外のデータを取得する」「子テーマの使い方」を追加しています。またWordPress本体のアップデートに伴い、サンプルテーマも更新しています。the_posts_navigationやthe_posts_pagination等、初版発行後に追加された関数を使うようにしています。
初版では多くの方にご購入いただきました。当方の想定としては、ウェブデザイナーが読む、でしたが、ブロガー・アフィリエイターの方にも読んでいただけたようで、大変嬉しく思います。一方で、想定読者ではない方にとっては期待外れに思われた方もいるようで、申し訳なく思います。そこで、今回は、買うべきではない人、について書きたいと思います。
デザイナー、マークアップエンジニア、ブロガー、アフィリエイターの方で、WordPressを使いこなしたい、という方もいらっしゃいます。そのような方向けに、PHPプログラミングの基礎から丁寧に解説した書籍になっています。
課題図書のない読書会に参加しています。名古屋市千種区にあるコワーキングスペース、タスクールにて、毎月一回ぐらいのペースで開催されています。 第一回は、私は「むだ死にしない技術」(堀江貴文著)を選択しました。ちょうど、人工透析と自己責任についてのブログ記事が話題になったときだったので、これを選びました。
読書記録用のウェブサービスはいくつかあります。単に記録付けるだけであればそちらのほうが楽だと思います。ですが、concrete5の機能として、ページリスト機能・トピック機能があり、これらを使うとブログを複数作っても上手く管理できる、ということで、会社のウェブサイトの第二ブログとして読書記録を作ることにしました。