記事公開日: 2021年05月11日

WordPress ブロックエディタは、WordPress5.0(2018年12月)から利用されています。その後も継続的に開発・機能追加が行われ、WordPress5.6(2020年12月)からAPIバージョン2が利用できます。

新しいAPIバージョンのほうが機能面で優位なのですが、一方で、後方互換性の問題が生じます。もし、WordPress5.0~5.5の利用者が多いなら、安易に切り捨てるのは難しいです。

そこで、まず、WordPressバージョンごとの利用率を調べてみました。

WordPressのバージョンごとの利用率

Statistics-WordPress-org.png

WordPress 公式サイトの統計データを見ると、↑の円グラフのようになっています。2021年5月11日時点では、5.6と5.7で約半分を占めているようです。

WP5.0から5.5は、30%ぐらいと思われます。WP4.9以前は、ブロックエディタ自体が未対応の古いバージョンなので、考慮しなくてよいでしょう。

APIバージョン2へ移行を決断

弊社では、APIバージョン2に移行することを決めました。もちろん、WP5.0~5.5で30%あるので、切り捨てるのは辛い面もあります。しかし、弊社がホームページ運用支援を行っている事業者様はすべてWP5.6以降にバージョンアップしていることもあり、このタイミングで移行しても良いと判断しました。

APIバージョン2で作成したプラグイン

APIバージョン2で開発した最初のプラグインは、XYM価格を表示する独自ブロックです。

↑のプラグインは、以前に作ったブロックのコードを流用しているので、古い書き方の部分もありますが、APIバージョン2のblockPropsを活用することで、HTMLの属性を設定するのが楽になりました。

const innerblockProps = useBlockProps.save( {
  className: 'xymprice',
  style: { fontSize: `${fontSize}px` },
           'data-num': floatnum,
           'data-currency': currency,
} );

↑のように、属性をあらかじめ定義しておくことで、コードの見通しが良くなりますね。

return (<span {...innerblockProps}></span>);

↑HTML部分が見やすくなりました。以前の書き方↓より見やすいですね。

<span className={ someClassName } style={ { data-num: floatnum } }></span>

WordPress 高速実行環境 KUSANAGI をさくらクラウドにインス... 詳細はこちら

#

弊社のウェブメディアブックレコメンドで、広告配信管理する... 詳細はこちら