WordPress プラグイン「Shortcode for My Mitsu Estimation Form」を公開しました。

WordPress プラグイン「Shortcode for My Mitsu Estimation Form」を公開しました。新規登録したWordPressプラグインとしては4年振りぐらいです。

マイ見積と連携するプラグイン

Shortcode for My Mitsu Estimation Formは、マイ見積と連携するプラグインです。マイ見積は、自動見積計算&見積書PDF発行サービスです。(concrete5ベースの見積システムです。)

このプラグインを導入することで、マイ見積で作成した自動見積フォームを、WordPressへ楽に埋め込みできます。このプラグインを使わなくても、htmlタグを自分で記述すれば埋め込み自体は可能です。

マイ見積の埋め込み例

上の画像のように、マイ見積で作成したフォームをWordPressに埋め込みできます。

インストール

WordPress管理画面からインストールできます。

wordpress プラグイン検索画面

「my mitsu」で検索すると出てくると思います。「今すぐインストール」ボタンを押してインストールしてください。


使い方

WordPressの機能にショートコードがあります。本文中に、特定の書式で記述したものを変換してくれる機能です。

[mymitsu]274[/mymitsu] => <iframe src="https://my-mitsu.jp/estimation/274" id="mymitsu" width="640" height="480"></iframe>

のように変換してくれます。(<>は実際には半角)


オプション属性を付与することもできます。

[mymitsu id="myform" width="800" height="600"]274[/mymitsu]

のように、id(cssやjavascriptで指定するときに使う用)、iframeの幅、iframeの高さ、が設定できます。

ビジネス向け

本プラグインは、見積システムをWordPressに組み込むものです。なので、ブロガー・アフィリエイター向けというよりは、フリーランス・個人事業主の方向けのプラグインになります。自分のウェブサイトで仕事を受けている方には便利だと思われます。

WordPress以外での埋め込み

WordPressの他には、PulseCMS用のアドオンを作成して公開しています。その他のCMS(concrete5, baserCMS等)やウェブサービス(jimdoやペライチ等)の場合は、htmlタグを直接埋め込みしてください。

おまけ: GlotPressでの翻訳

GlotPressは、WordPressのコアコードの翻訳などで使われているソフトウェアで、テーマやプラグインの翻訳にも使われています。昔はプラグインの翻訳を作る=>作者に翻訳ファイルを送る、といった作業を行っていましたが、現在はGlotPress上で翻訳すれば良くなったので、効率がよくなりました。「Shortcode for My Mitsu Estimation Form」の翻訳もGlotPress上でできるようになっています。GlotPressを詳しく知りたい方はWordPress の国際化方法(OSC名古屋2011)などが参考になります。


カテゴリー
関連するブログ記事
WordCamp Kyoto 2017は、6月24日6月25日に、京都大学(京都市左京区​)で開催されます。名古屋からはおそらく最も近距離のWordCampですので、名古屋から参加する場合の交通手段をまとめてみました。参加すると、知識が増えるだけでなく、交流の輪も広がるので良いとおもいます。
デザイナー、マークアップエンジニア、ブロガー、アフィリエイターの方で、WordPressを使いこなしたい、という方もいらっしゃいます。そのような方向けに、PHPプログラミングの基礎から丁寧に解説した書籍になっています。
「本当は怖いWordPress」をキンドルで出版しました。2013年からのブログ記事をまとめたものです。
PHP技術者認定試験の初級~上級認定者が投票して認定するPHPウィザード。ベテランエンジニアだけでなく、これからキャリアを築いていく新米エンジニアも投票
WordPress4.5のリリースノートでは、コードでの貢献の他、リリース前の動作テスト、日本語訳の作成、フォーラムでの回答、公式ドキュメントの編集、に関わった人のアカウント名が紹介されています。コードへの貢献は全世界共通ですが、日本語版リリースリーダー、翻訳、WP Multibyte Patchの動作テスト、日本語フォーラム、Codex日本語版に関わった方をリストアップしています。​ リリースノートにはありませんが、各地でWordPressの勉強会を開催・運営されている方もいらっしゃいます。このような方々、そしてWordPressを使っていらっしゃる皆様のおかげで、現在のWordPressがあります。 この他にも「こんな活動をした」というケースがある場合は、​​WordPress日本語版作成チームのメーリングリストなどにお知らせいただければと思います。 日本語フォーラムの回答者の集計は、私が提案して、WordPressのメジャーリリース毎に集計を行っています。