WordPress5.2から導入されたリカバリーモードでは「サイトに技術的な問題が発生しています。」が表示されます。これを別の表示にしたい場合の設定方法を解説します。HTMLやFTPが使える方向けの記事になります。

リカバリーモードって何?

リカバリーモード

WordPress5.2から、リカバリーモードが導入されました。テーマのカスタマイズ時にミスしたり、プラグインがPHPバージョンに合わなかったりすると、WordPress5.1までは、画面が真っ白になっていました。WordPress5.2からは、下の画像のようにエラーメッセージが表示されます。

エラーメッセージ「サイトに技術的な問題が発生しています」

エラー時の表示を変更するには

エラー時の表示を変更したい場合には、どうすれば良いでしょうか。WordPressでは、エラー時の表示を変更できるようになっています。

方法は簡単で、wp-contentフォルダに、php-error.phpファイルを設置すればOKです。

エラーメッセージをカスタマイズした例

エラーメッセージ、変更できるんだ。
自由にカスタマイズできるのは、WordPressの特徴と言えるね。

php-error.phpファイルは

php-error.phpファイルは、拡張子はphpですが、中身はhtmlで記述すればOKです。↑の画面は、標準のエラー画面のhtmlをコピーして、文言「サイトに技術的な問題が発生しています。」を「ただいまメンテナンス中です」に書き換えています。

もちろんPHPコードを書いても構いません。WordPress5.2.1で試してみたところ

<?php echo bloginfo('name');?>

といったWordPressのテンプレートタグも使えました。

上級者向け:大きくカスタマイズしたい場合

今回紹介したのは、エラー表示部分のみ変更する方法です。大きくカスタマイズしたい場合は、wp-content フォルダに fatal-error-handler.php を置く方法があります。
WordPress標準では、wp-includes/class-wp-fatal-error-handler.phpのWP_Fatal_Error_Handlerを読み込むのですが、fatal-error-handler.php ファイルがある場合は、fatal-error-handler.phpが優先されるようになっています。

まとめ

  • WordPress5.2からリカバリーモードが使える
  • エラーが起きても、画面は真っ白にならず、エラーメッセージが表示される
  • エラーメッセージを変更したい場合は、wp-content/php-error.phpファイルを用意する
記事公開日: 2019年06月16日
#

WordPress4.5のリリースノートでは、コードでの貢献の他、リ... 詳細はこちら

#

京都市左京区にある京都大学で開催されたWordCamp Kyoto に参... 詳細はこちら

WordPress 高速実行環境 KUSANAGI をさくらクラウドにインス... 詳細はこちら