「WordPressユーザーのためのPHP入門」を買うべきではない人

先日、弊社代表の著書「WordPressユーザーのためのPHP入門」第二版が発売されました。初版では多くの方にご購入いただきました。当方の想定としては、ウェブデザイナーが読む、でしたが、ブロガー・アフィリエイターの方にも読んでいただけたようで、大変嬉しく思います。一方で、想定読者ではない方にとっては期待外れに思われた方もいるようで、申し訳なく思います。そこで、今回は、買うべきではない人、について書きたいと思います。

答え(コード)を知ることが目的の人

WordPressは様々なカスタマイズの例が、公式ドキュメント(codex)で公開されています。codexを参照することでより多くのカスタマイズができます。またPHPプログラマのブログでも、WordPressの高度なカスタマイズ方法が紹介されていることがあります。それらのコードをコピペすれば、目の前の課題を解決できることは多いでしょう。

本書は学習したい人の手助けをする本ですから、説明を詳しく書いたり、図解やイラストを用いたりすることが中心となっています。高度なカスタマイズ方法を載せる代わりに、codexの使い方の説明を行い、より深く学びたい方への橋渡しとなるようにしております。早く答え(コード)が知りたい、という方向けではありませんので、ご了承ください。

プラグインについて知りたい人

WordPress本体およびテーマを学ぶことを主目的としています。このためプラグインに関わる部分は最小限です。データベースとの接続(wpdbクラスの使い方)など、テーマではまず出てこないものは省いています。テーマと関連していても、主にプラグインで使う内容(ウィジェットの作成、ショートコードの作成、等)については取り上げていません。その分、WordPressのテーマと、テーマに必要なPHPの解説を重点的に取り上げています。ちなみに、WordPressのショートコードの作成方法は電子書籍で公開しています。

管理画面をカスタマイズしたい人

WordPressの特徴のひとつとして「管理画面をカスタマイズできる」があります。自分が良く使う機能を使いやすくすることができます。たとえば、WordPress標準では、ブログ記事を書きたい場合「新規投稿画面に行き、その後、カテゴリーを選択する」というフローです。しかし、「まずカテゴリーを選んでから、記事を書く」というフローで書きたい人もいるでしょう。そのようなケースでも、WordPressは管理画面をカスタマイズすることで対応できます。

もちろん、自分が書くのであれば、我慢して使う、という選択肢もあるかもしれません。しかし、WordPressでウェブサイトを構築した人だけでなく、他の人が記事を書くケースもあります。たとえば、ライターに外注して記事を書いてもらう場合、他社のウェブサイト制作を受託した場合ウェブサービスとして多数の人に使ってもらう場合、等です。そのような場合、記事を書く人が楽に操作できるようにカスタマイズすることには大きなメリットがあります。

このように、管理画面カスタマイズは大事ではありますが、書籍一冊のボリュームでは、管理画面カスタマイズまではカバーするのが難しく、本書では、取り上げておりません。管理画面カスタマイズにつきましては別の書籍等をご参考にしていただければと思います。

PHP7を学びたい人

PHPは、WordPressのベースとなるプログラミング言語です。2017年4月時点では、PHPのバージョンは7.1系が最新となります。では本書でPHP7の話を書いているか、というと、全く書いていません。PHPのバージョンごとの利用率で、PHP7の利用率がまだまだ数%なことも理由のもちろん1つです。ですが、もっと大きな理由があります。

それは、WordPressでPHP7特有の機能を使用していないこと、です。WordPressは後方互換性を重視したプロダクトであり、古いバージョンのPHPでも動作します(2017年4月の最新版のWP4.7系では、PHP5.2系から動きます)。そのためPHP7特有の機能(戻り値のタイプヒンティングなど)は取り込まれていません。そのため本書でも説明は割愛しています。

記事公開日: 2017年04月10日
#

PHP5.6系は、2016年末でアクティブサポートが終了、2018年末... 詳細はこちら

名古屋近辺のPHPプログラマーが集まる勉強会です。同一課題の... 詳細はこちら