5月・6月の課題本。寄稿報酬を最大一万円にします。 2021.4.21配信

■■■ 目次 ■■■
■ 5月6月の課題本の発表
■ 寄稿報酬を最大一万円にします


■ 5月6月の課題本の発表
今回は、本屋大賞などの受賞作を特集します。

● 52ヘルツのクジラたち
町田そのこ
https://amzn.to/3th5rNx
本屋大賞

● ザリガニの鳴くところ
ディーリア・オーエンズ (著), 友廣 純 (翻訳)
https://amzn.to/3wSHkXv
本屋大賞翻訳小説

● エンド・オブ・ライフ
佐々涼子  (著)
https://amzn.to/3g8sV3D
本屋大賞ノンフィクション

● シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成
安宅和人  (著)
https://amzn.to/3wVABwc
読者が選ぶビジネス書グランプリ

● 人新世の「資本論」
斎藤幸平
https://amzn.to/3aao4ey
新書大賞



■ 寄稿報酬を最大一万円にします

集計期間の「いいね」の最も多い記事の報酬を最大一万円とします
いいね数同点で並んだ場合は最大五千円までとします。

(一万円贈呈課題本の贈呈金は、寄稿報酬とは別に一万円贈呈します。)

2021年5月から8月まで、この報酬制度にします。9月以降は変更の可能性があります。

詳細は「書評を書きたい方へ」をごらんください。
https://book-recommend.com/writer/

ブックレコメンドメルマガは、提携メディアの皆様に配信しています。もしもアフィリエイトで提携メディアに登録いただくと、メルマガを受信できます。