限界集落株式会社

読んだきっかけ

書店で見かけたので、黒野伸一「限界集落株式会社」を購入しました。テレビドラマにもなっていたので、タイトルは知っていたが、読んでなかったので購入。小説ではあるが、農村の過疎化・高齢化を取り上げていて、考えさせられる。

期待した内容と実際

限界集落(住民の半数以上が65歳以上の高齢者)の生活が詳しく書かれている。小説では、幕悦町の小さな集落の止村が舞台となる。止村は典型的な限界集落であった。もう少し人口の多い町へ村民皆で移住する、という方法が考えられるが、高齢者が住み慣れた場所を離れる、というのは心理的な抵抗が高いようです。小説なので、ある程度はフィクションが混じっているかもしれませんが、過疎化した農村の様子が知れたので参考になります。

農業をビジネス化する、という話があります。ここは小説だからか、かなり上手く進んでいきます。弊社は農家さんと結構繋がりがあるので、農業xビジネス、というのは非常に興味がありましたので、すごく引き込まれました。


予想外の収穫

止村には、都会の生活から逃げ出してきた若者もいたのですが、彼らを上手く活用していていました。絵を描くのがうまい人にキャラクターを描かせる、等はおもしろいアイデアですね。ビジネスを拡大していくとき、様々な人の協力が必要になりますから、このように、各自の強みを上手く引き出していくのは重要でしょう。

途中までは順風満帆に思われた止村の農業ビジネスですが、ある事件で大きなダメージを受けました。どういう事件かというと、「男女関係のもつれがきっかけで揉め事になり、ある人が過剰反応して傷害沙汰になった」というものです。事件そのものよりも、当事者の過去の遍歴をマスコミが面白おかしく取り上げる、という部分が印象的です。事件そのものはともかく、従業員の過去(雇用する前)まで企業が責任を取らされるのは厳しいかもしれません。もちろん、日本ではこのような事件が起き、会社が批判される可能性はあるな、と思いました。

読んだ後の行動

普段はビジネス書やコンピュータ技術書を読むことが多いですが、小説の類も読むといろいろな発見がありますね。小説も意識して読むようにします。


本の種類
関連する読書記録
  • 2017年3月16日
    何気なくレジで会計すると気にしないですが、店員はお客さんの様々な要求を素早くこなしていっているのでしょう。傍から見ると簡単そうに見えるのですが、実際はコンビニ店員はかなり大変な仕事かもしれません。 実際、コンビニバイトは割に合わない? 「業務が多様化しているのに時給がそれほど変化なし」という意見もあるようです。
  • 2016年5月31日
    「マニキュア塗るな」のくだりでは、「当たり前だろう」という先輩と「教えてく​れれば従うのに」という新人が衝突します。社会人なら経験している方も多いでしょう。
  • 2016年5月5日
    書店の店頭で見かけたので、XY(徳永圭)を読みました。きっかけは書店ですが、同著者の「片桐酒店の副業 (角川文庫)」が面白かった、というのも理由の一つです。

書評記事著者: 水野史土

  • ビジネスを加速するウェブサービス「マイ見積」運営
  • BMI22エンジニア

主な著書

  • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]
  • 徹底攻略 PHP5技術者認定[上級]試験問題集