誰にも教えていない営業のウラ技 ―トップ営業になれる根回し術

読んだきっかけ

著者の大岩俊之さんのFacebookで見かけたので、「誰にも教えていない営業のウラ技 ―トップ営業になれる根回し術―」を購入しました。5月30日までは270円+消費税で購入できるようです。

期待した内容と実際

雑談が重要

個人的に大岩さんが凄腕の営業マンであることはお聞きしていました。その大岩さんが、「雑談がすべて」とまで言い切っています。これは凄いなと思います。

ネタ集めは、私は新聞かと思っていたのですが、新聞の重要性は低いらしいです。ただしここは営業に行く相手の趣味嗜好とも関係しそうです。新聞の重要度が高いケースもあるでしょう。

評判のモノ、も定番ですね。私は口が達者ではないので、この方法は良く取り入れています。低糖質パンの試食に、バルミューダトースターを用意しているのは、これを狙ってやっています。

購入者特典PDFでは、雑談のネタとその注意点が纏まっていますので、PDFもダウンロードするのがお勧めです。

予想外の収穫

クレーム対応

書籍でも書かれている通り、クレーム対応は売上に直接影響しません。そのため後回しになりがちです。しかし、本書では、クレーム対応こそ大事にすべき、必ず訪問するべき、と書かれています。また営業マンであれば、クレーム対応に訪問できるようにする(スケジュールを詰め込みすぎない)のも大事だそうです。

「対応することで、普段会えない人と会える」とも書いてありました。クレーム対応というとどうしても嫌な仕事に思えるのですが、こういったポジティブに考える方法は参考になりますね。

他にも

  • 取引先の担当者だけでなく、アシスタントも大事に
  • 同業他社も大事に
  • 社内の根回しも

など、自分では思いつかなかったことが書かれていました。

読んだ後の行動

クレーム対応に訪問できるようにスケジュールを組むこと、また対応を早くすること、この二つは今日からでも実行します。

また、少しずつでも雑談のネタを仕入れるようにしていきます。

本の種類
関連する読書記録
エンジニアが飲食店を開いた、ということで興味を持ちました。「会社にとって負担が少ないけれども、お客にとってお得感があるもの」​が大事かなと思いました。
小売販売の仕組みを知りたくて読みました。単品管理の仕組みが面白かったです。
新しくオープンするパン屋、というキャッチフレーズが非常にタイムリーだったので、「なぜ、お客様は「そっち」を買いたくなるのか? 」を読みました。
Kindle読み放題の対象になっていたので、「自分をバージョンアップする 外食の教科書」を読みました。Kindle Unlimitedで最初に読み始めた本です。著者の本郷 義浩さんはテレビ局の社員らしいです。私も関西に居たときには、「水野真紀の魔法のレストラン」をちょくちょく見ていました。
ミソカ主催のマーケティングセミナーでABテストが推奨されていたので、「A/Bテストの教科書」を読んでみました。A/Bテスト自体は、CMSでABテストするアドオンを作ったりして、自社サイトで実行していましたが、本格的に学んだことはありませんでしたので、良い機会だと思いました。

書評記事著者: 水野史土

  • 食品通販サイト運営代行
  • BMI22エンジニア

主な著書

  • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]
  • 徹底攻略 PHP5技術者認定[上級]試験問題集