2週間、小麦をやめてみませんか?

読んだきっかけ

未来屋書店(イオン八事店4F)の店頭で見かけて「2週間、小麦をやめてみませんか? 」を読みました。表紙帯にテニスプレーヤーのジョコビッチ氏が載っています。グルテンフリーが日本でよく知られるようになったのには、彼の影響も大きいでしょう。

期待した内容と実際

グルテン過敏症についての説明がありました。グルテン過敏症の方だと、少量のグルテンでも体調に支障をきたすことがあるらしいです。なお私自身は、おそらくグルテン過敏症ではないです。

グルテンフリーのレシピ

グルテンフリーのレシピがたくさん掲載されています。たとえば、バンズ抜きハンバーガー、モスの菜摘みたいな感じのものなど。他にも和食系のレシピが充実しています。食事のレシピだけでなく、お菓子のレシピも載っています。グルテン無しでもスイーツが結構作れるようですね。

糖質制限とグルテンフリーの違い

糖質制限の場合は、小麦を摂取しないだけでなく、米や芋類も摂取しない、という食事法になります。一方でグルテンフリーでは、米や芋類はOKです。

予想外の収穫

グルテンフリーがダイエットになる理由

グルテンの中に、グリアジンというたんぱく質が含まれているそうです。このグリアジンには、食欲を増進させる効果があるそうです。そうすると、

グリアジンを食べる=>もっと食べたくなる=>グリアジンを食べる=>もっと食べたくなる...

という恐ろしい循環が待っています。グルテンフリーにすると、この状態を脱することができる、ということのようです。

グルテンフリーかどうかを調べるのが難しい

現在の日本では、グルテンフリーかどうかを調べるのは難しいようです。スーパーの食品なら成分表とニラメッコすれば何とかなる部分もあります。しかし、量り売りの惣菜や外食では難しいですね。かといって、飲食店に全て義務付けるのも大変ですし、このあたりは難しいところです。

読んだ後の行動

実際にグルテンフリーを行うのは難しそうです。特に外食でグルテンフリーは難しいですね。

厳密なグルテンフリーではなく、「なるべく小麦製品を避ける」であれば、挑戦できそうです。

本の種類
関連する読書記録
弊社で運営しているウェブ見積システム「マイ見積」のアピールポイントの一つに、「計算ミスを防ぐ」というのがあります。なので、「事務ミス」をナメるな!(中田亨)を読んでみました。
湿潤療法については、耳にしたことはあったものの、実際にどのような治療法なのかは知りませんでした。ちょうどいい機会でしたので、この本で読んでみました。
色弱は目が悪いわけではありません。色弱のほうが役立つこともあります。たとえば「昆虫採集」で、色弱の子供のほうが、明暗の違いに敏感なことが多く、虫取りが得意だ、という話も書かれています。
「人工透析が必要なのは自己責任」といった趣旨のブログ記事を読みました。記事の主張そのものは同意しがたいですが、病気にならないよう、日々の生活に気を配ることは大切だと考えさせられました。そこで、予防医学について知るために「むだ死にしない技術」(堀江貴文著)を読みました。
賃貸物件を探していて、事故物件のことが気になったので、「「超常現象」を本気で科学する(新潮新書) 」を読んでみました。

書評記事著者: 水野史土

  • 食品通販サイト運営代行
  • BMI22エンジニア

主な著書

  • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。
  • 徹底攻略 PHP5技術者認定[上級]試験問題集