金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ

読んだきっかけ

2016年3月30日のアマゾンキンドルの日替わりセールで、「金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編」が99円だったので購入しました。通常価格は3百何円かだったと思います。

永江一石さんのブログ記事(2013年から2015年まで)をまとめて電子書籍化したものです。

期待した内容と実際

永江一石さんのブログは、たまに読んでいるのですが、まとまって読むことはしていませんでした。なので、この本を読んでみると、ブログでは読んでなかった記事が結構ありました。

キャズムの話が面白かったです。商品の普及などの観点で顧客を分類して、早く取り入れる順に、イノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガードにわけられます。イノベーター+アーリーアダプターが16%ぐらい、アーリーマジョリティまでいくと50%、レイトマジョリティまでいくと84%、といった感じです。アーリーアダプターに普及すると、一気に普及が進む、というものです。

元はロジャーズという方が提案したらしいです。なので、16%や50%といった数字は、おそらくアメリカのものなのでしょう。この本によると、日本ではこの数字がだいぶ異なるらしいです。日本だとイノベーター+アーリーアダプターで、0.1%ぐらいではないか、という話がありました。この数字どおりであれば、広く普及させるなら、テレビなどのマスメディア戦略が必要になりそうですね。書籍の最後のほうでは、ネット界隈では有名なイケダハヤト氏ですら、知っていてブログを読んだことがある人が3%、名前は知っている人が4%、知らないが93%だそうです。

予想外の収穫

日替わりセールだったので勢いで買ったので買ってから気づきましたが、後記もあります。ブログ記事を書いた後、どうなったか、が示されています。

「分煙ではなくて完全禁煙にすると飲食店は儲かるの研究論文キター!」というブログ記事は、リアルタイムで読みました。喫煙と年収の関係など、面白い内容ですので、一度読んでみるとよいとおもいます。

で、この記事では、「禁煙のレストランを探すアプリがあったらいいね」という話があります。そして、この記事の後記では、実際にそのようなアプリがリリースされている、という報告がありました。アプリ開発者が永江一石さんのブログを読んだかどうかまでは分かりませんが、そうだとしたら、永江さんの影響力は相当なものでしょう。

読んだ後の行動

自分が書いたブログは、今までは書きっぱなしのことが多かったです。ですが、自分が書いたブログを振り返ってみる、というのも、何かしら気づきがありそうに思います。WordPressの記事など技術的なものは、今では古い、というのもありそうですから、改訂記事を出すかもしれません。

本の種類
関連する読書記録

書評記事著者: 水野史土

  • ビジネスを加速するウェブサービス「マイ見積」運営
  • BMI22エンジニア

主な著書

  • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]
  • 徹底攻略 PHP5技術者認定[上級]試験問題集