一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

読んだきっかけ

何日か前に、アマゾンKindle日替わりセールの対象だったので「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか? 一流のこだわりシリーズ」を読んでみました。

一流の~シリーズは、本屋で見かけてパラパラと見たことはありますが、一冊読むのは初めてです。

期待した内容と実際

本の表紙には、「朝4時起きを1週間続けて、サラリーマンからビジネスマンに変わる」という記述がありました。なので、朝早く起きて何かする、であろうと予想していました。もちろん、単に早く起きるだけでは、それほどメリットはないでしょう。大切なのは、朝早く起きて何をするかですね。

重要な仕事を朝にやることを推奨しています。その理由の一つにはなるほど、と思いました。朝だとこのメリットは大きいな、と思いました。プログラミングのように集中して行うことが要求される仕事だと、特に重要な気がします。昼休み(12時から1時)も、この観点からすると、かなり貴重な時間帯ですね。朝ほどでは無いですが。

予想外の収穫

「人生を変えた本を尋ねてみる」という節がありました。著者の小川晋平さん、俣野成敏さんが、それぞれ5冊ずつあげてくれています。紹介されていた本には、まだ私が読んだことが無い本もありました。

ちなみに、私の場合は、一冊あげると「コンピュータが仕事を奪う」ですね。2010年に出版された本です。現時点と出版当時で人工知能の進歩具合は異なるものの、将来、人間の仕事のかなりの部分がコンピュータに置き換えられるのはおそらく確かでしょう。自分が会社を興すときには、この点を非常に重視しました。詳しく聞きたいかたはぜひ八事オフィスまでお越しください。

読んだ後の行動

毎朝、アマゾンkindleの日替わりセールを見るようになりました。気になった本なら、即買い=>通勤電車で読む、という感じです。

「つまらない映画は15分で帰る」は、経済学的には正しいでしょうけど、実際に実行するのは難しいですね。入口で1800円払ったら既に埋没費用なので、取り返そうと思うのがマズいのですが、実際には「もったいないから最後まで見よう」となって2時間無駄にしてしまいそうです。

「人生を変えた本を尋ねてみる」はやってみようと思います。新しく会う人にも、今まで会ったことがある人にも。キンドル端末を持っていれば、その場で買うこともできますしね。

本の種類
関連する読書記録

書評記事著者: 水野史土

  • ビジネスを加速するウェブサービス「マイ見積」運営
  • BMI22エンジニア

主な著書

  • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]
  • 徹底攻略 PHP5技術者認定[上級]試験問題集