なぜ、お客様は「そっち」を買いたくなるのか

読んだきっかけ

新しくオープンするパン屋、というキャッチフレーズが非常にタイムリーだったので、「なぜ、お客様は「そっち」を買いたくなるのか? 」を読みました。弊社では、低糖質のパンをネット販売するボーノドーノの運営管理、また実店舗オープンに向けて準備を行っております。

期待した内容と実際

表紙には、

新しくオープンするパン屋のキャッチフレーズ、繁盛するのはどっち!?
A.とにかく美味しいメロンパン
B.何でも美味しいパン屋さん

というふうに、2択問題が掲載されています。

本文も、基本的に2択問題 => 解説&正解、という形で進んでいきます。このため、非常に読みやすい書籍になっています。

表紙の問題にも、わかりやすい解説が書いてあります。正解だった場合でも、解説を読むことで理解が進みます。税理士さんのプロフィールの話は、すごくわかりやすいと思います。「もし、自分がお願いするとしたら、どの税理士を選ぶ?」という視点で考えると、すごく腑に落ちますね。

他の2択問題も、自分なりに答えを考えてから読み進めば、正解でも不正解でも、理解が深まると思います。

予想外の収穫

大企業が行っていることが例として挙げられることがあります。そのような事例を、中小企業や自営業の方でも取り入れやすいように、解説されています。例えばアマゾンは大量の購買データに基づくレコメンドを行っていますが、それを中小企業で完全に真似るのは難しいですね。とはいえ、考え方だけ取り入れることができれば、業績向上に役立つと思います。

また、名古屋だからか、コメダ珈琲店の例も出てきます。コメダ珈琲店は、他の喫茶チェーンとはだいぶ異なるのですが、回答の中でうまく説明されていて良かったです。

2択だから読みやすい、というのに加えて、一つ一つが短くまとめてある(数ページから、長いもので10ページぐらい)のも良かったです。なぜかというと、ちょっとした空き時間に、ひとつの項目を読む、といった形で読み進めることができます。もちろん、一気に読んでも良いですが。


読んだ後の行動

普段、何気なく喫茶店に入ったり、ランチを食べたりしているときに、お客の視点で考えてみる、というのをやってみたいと思います。必ず実店舗運営に役立つと思います。

書評記事著者: 水野史土

  • 食品通販サイト運営代行
  • BMI22エンジニア

主な著書

  • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。
  • 徹底攻略 PHP5技術者認定[上級]試験問題集
本の種類
関連する読書記録
エンジニアが飲食店を開いた、ということで興味を持ちました。「会社にとって負担が少ないけれども、お客にとってお得感があるもの」​が大事かなと思いました。
小売販売の仕組みを知りたくて読みました。単品管理の仕組みが面白かったです。
Kindle読み放題の対象になっていたので、「自分をバージョンアップする 外食の教科書」を読みました。Kindle Unlimitedで最初に読み始めた本です。著者の本郷 義浩さんはテレビ局の社員らしいです。私も関西に居たときには、「水野真紀の魔法のレストラン」をちょくちょく見ていました。
ミソカ主催のマーケティングセミナーでABテストが推奨されていたので、「A/Bテストの教科書」を読んでみました。A/Bテスト自体は、CMSでABテストするアドオンを作ったりして、自社サイトで実行していましたが、本格的に学んだことはありませんでしたので、良い機会だと思いました。
ブログ収入の4年間の記録が記載されています。アフィリエイト広告だけでなく、書籍執筆、講演、有料メルマガ、有料サロン、KDP、noteなども含めた金額ですが、実際に月500万円超えたそうです。厳密には全てがブログ収入とはいえないかもしれませんが、ブログからこれだけの金額を生み出したのは純粋に凄いと思います。