XY(徳永圭)

読んだきっかけ

書店の店頭で見かけたので、「XY (角川書店単行本)」(徳永圭)を読みました。きっかけは書店ですが、同著者の「片桐酒店の副業 (角川文庫)」が面白かった、というのも理由の一つです。

以下はネタバレも含みます。ご注意ください。




タイトルのXYですが、ヒトの性染色体はXとYで、XXだと女性、XYだと男性になります。遺伝子が関わる話ですが、XとYの文字の形に着目したのは凄いなと思います。

  • Xは二本の線が交差し、また分かれる
  • Yは二本の線が合流して一つになる

あらすじは、

  • 商社勤務の宗谷聡子が弁理士の堂島と出会い、恋に落ちる。
  • しかし結婚は叶わない。でも子供がほしい
  • 堂島に内緒で精子を取得し、体外受精で妊娠する。
  • しかし妊娠した子供は堂島の子供なのか...

というお話です。

体外受精という点では、「ジーンワルツ」(海堂 尊)も面白かったです。

期待した内容と実際

聡子は道徳や倫理より自分の欲望を優先させるので、怖い側面もあります。でも、それだけ人を愛せること、結婚できなくても子供を生み育てる決意は凄いと思います。自分が当事者ならそういう行動をとってもおかしくないだろうな、とも思います。私がリチャードドーキンスの本をよく読んでるからかもしれませんが。

書籍の帯などでは「どんでん返し」と書いてあったので、予想しながら読んでいきました。各章の末尾の日記は聡子のものではないだろう、と考えれば、犯人(という呼び方が適切かどうかは分からないですが)の日記であろう、と。そう考えれば、犯人は予測できます。(ただ犯人が具体的に何をするのかまでは予想できませんでした。確かに犯人の職業を考えれば、そういったことができますね。)

予想外の収穫

凄く悲しい結末かと思ったら、犯人の企みは阻止されて、聡子の思い通りになりました。犯行のその後は私は全く考えていなかったので、そこが凄く印象に残りました。終章では聡子と、聡子の娘のあかねの対話になります。聡子の行動が倫理的にどうか、という問題はありますが、聡子とあかねの会話が良い感じだったので、子供を生んで育てることって凄いことだな、と感じさせられました。本編が結構ダークな話だったのですが、最後がこういう締めでよかったと思います。


読んだ後の行動

動物行動学は、学生時代には結構学んだのですが、卒業後は離れてしまっていました。動物行動学関連の本を読んでみようかなと思います。

また、動物の実際の生活を上手く見せているという噂の旭山動物園(北海道旭川市)にも一度行きたいな、と思います。

本の種類
関連する読書記録
何気なくレジで会計すると気にしないですが、店員はお客さんの様々な要求を素早くこなしていっているのでしょう。傍から見ると簡単そうに見えるのですが、実際はコンビニ店員はかなり大変な仕事かもしれません。 実際、コンビニバイトは割に合わない? 「業務が多様化しているのに時給がそれほど変化なし」という意見もあるようです。
「マニキュア塗るな」のくだりでは、「当たり前だろう」という先輩と「教えてく​れれば従うのに」という新人が衝突します。社会人なら経験している方も多いでしょう。
企業コンサルタントが高齢化した農村で事業を立ち上げる

書評記事著者: 水野史土

  • 食品通販サイト運営代行
  • BMI22エンジニア

主な著書

  • WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]
  • 徹底攻略 PHP5技術者認定[上級]試験問題集