会員サイト構築サービス

インターネットの普及により、多人数が活用するウェブサイト・サービスが増えてきています。レスキューワーク株式会社では、ITに詳しくない人でも比較的とっつきやすい concrete5 をベースに、会員サイトや情報データベースサイトの構築および運営を行っております。

企画から運営まで

レスキューワーク株式会社では、ウェブサービスのシステム構築だけでなく、企画から運営まで、トータルにサポートします。

  • 最適なシステム設計
    企画から関わることにより、必要かつ十分なシステム設計を提案します。予算や開発期間にも配慮いたします。
  • 運用担当者の意見を考慮した使いやすいシステム
    エンジニアが直接ヒアリングし、運用担当者の意見を取り入れることにより、運用担当者が使いやすいシステムを構築することができます。
  • リリース後も、継続的に改善
    運営に関わることで、実際に運用してみて気づいた点があった場合に、スピーディに改善を行っています。

といったことが可能になります。

システム改善例

動画の更新の改善

事務ミスを防ぐ!youtube APIで動画を自動取得

ホームページと動画を組み合わせて使いたい、というお客様の場合です。動画を公開したい場合、導入当初は

  1. 動画を作成する
  2. Youtube 動画配信サービスに動画をアップロードする
  3. ホームページから動画配信サービスの動画にリンクする
  4. 動画を更新するときは1~3を実行する

というフローでした。「1.動画を作成する」という作業は、お客様が動画作成に慣れてくると、面白く感じて積極的に行ってくれます。一方で「2.Youtube 動画配信サービスに動画をアップロードする」や「3.ホームページから動画配信サービスの動画にリンクする」という作業は面倒だ、という意見をいただきました。

そこで弊社では、お客様の要望をもとに、「3.ホームページから動画配信サービスの動画にリンクする」の作業を行わずに済むように工夫しました。システム側で、動画配信サービスのユーザー名から最新動画をピックアップするようにしました。更新担当者のやる気も大事ですが、業務効率化できる部分は継続的にシステム改善しています。

Youtube 最新動画を取得するアドオンとして、公式サイトでも公開しています。

テキスト校正機能

テキスト校正支援で、事務ミスを防ぐ

Yahooが提供しているテキスト校正機能を、ホームページの管理画面で呼び出して実行できるようにしました。誤字脱字を減らすために、人力による目視に加えて、機械的なツールによるチェックも実行できます。旧来は、

  1. 手元のワープロソフトで原稿を作成する
  2. ワープロソフトの校正機能でチェックする
  3. チェックされたテキストをホームページにコピーする

といったフローでした。ホームページ新規作成のときのテキストはこの方式でも良かったのですが、既に公開されているホームページ上でブログを書く場合などは、どうしても校正が怠りがちになっていました。

テキスト校正機能をホームページの管理画面から呼び出すことで、校正チェック作業の事務負担が減り、品質向上につながりました。弊社でホームページ運用支援を行っているお客様のウェブサイトには、全て導入済みです。

テキスト校正機能は、公式サイトでも公開しています。ホームページをお持ちの方なら、どなたでも(Yahoo APIの利用回数制限の範囲で)無償でご利用いただけます。