ホームページ上に見積りフォームを作成できるようにしました。

ホームページ上に見積りフォームを作成できるようにしました。ホームページから問い合わせが無い場合、価格がわからない、という理由も考えられますね。そういった場合に、見積もりフォームがあると、訪問者が価格の目安を知ることができます。

サンプルとして、ケータリングサービスの場合の見積もりを作成してみました。

ケータリング見積もり

下記フォームにご記入ください。※サンプルです。

フォーム編集画面は下記のようになります。


上のサンプルでは、オプション「あり」を選ぶと、詳細項目が表示される仕組みになっています。このような条件分岐も、管理画面から編集できます。以前に、問い合わせフォームの条件分岐を作ったことがありますが、今回もだいたい同じような仕組みで作りました。

ウェブサービスとして公開

ウェブサービス「マイ見積」として公開することができました。ホームページの問い合わせフォームの改善にご利用ください。マーケティングオートメーションツールを導入している場合、訪問者のアクションの1つとして、見積計算実行を加えることができるので、ウェブマーケティングにも役立ちます。

関連するブログ記事
ホームページのページを評価する機能を追加しました。concrete5 では、様々なアドオンが公開されています。今回追加したページを評価する機能も、その一つです。
漢字を間違えてしまう(例: 幹事を間違えてしまう)、文字を抜かしてしまう(例: 文字を抜かししまう)、といったミスを、原稿を書いているときにしたことはありませんか?そういった文だと、読みにくくなりますね。読む人からすると、こういったミスが多いと、読みにくく感じることが多いです。 弊社では、​ホームページ上で校正チェックするようにしました。こうすることで、漢字変換ミスなどの単純なミスを事前にチェックしやすくなりました。もちろん必ずゼロにできる、というものではないですが、効率よく確認できます。
初版では多くの方にご購入いただきました。当方の想定としては、ウェブデザイナーが読む、でしたが、ブロガー・アフィリエイターの方にも読んでいただけたようで、大変嬉しく思います。一方で、想定読者ではない方にとっては期待外れに思われた方もいるようで、申し訳なく思います。そこで、今回は、買うべきではない人、について書きたいと思います。
オリジナルデザインを持ちたい人や、既にオリジナルデザインのウェブサイトを持っている人で、お知らせやブログは自分で更新したい、という方にお勧めなのがPulse CMSです。今回は、Pulse CMSだけでしたが、ペライチやWordPressと比較してみると面白いかもしれません。
ペライチ+広告にすると、「ページを作る、広告出す、結果を見る、ページを変更する」といったサイクルが回しやすいですから、売上を伸ばしたい人にはかなり向いているように思います。
記事公開日: 2016年08月20日